御船山を借景の慧洲園

3月13日武雄市の御船ヶ丘梅園と慧洲園を訪れました。

梅園は御船山東側の山麓にあり、3000本の白梅が
2月の中旬から3月の上旬にかけて咲き誇ります。



画像



        殆どが白梅ですが、ところどころに紅梅が混じることで全体的な
        単調さに彩りを添えています。




画像





梅園を後にし、御船山を迂回して慧洲園を訪ねました。

        慧洲園にはこれまで縁がなく今回が初めてです。

        陽光美術館の庭園が慧洲園です。
        むしろ、庭園の中に美術館があるともいうべきでしょうか?




画像





        庭園は約3000坪。
        御船山を借景に造園されていますが、庭園と御船山が
        連なっていることから、御船山そのものが、あたかも
        庭園の一部であるかのように思えます。




画像





画像





画像





画像




今年は春の訪れが遅かったことで、例年2月下旬が盛りの
梅花を、この時期でも程良く楽しむことができました。

その梅樹はいずれも枝ぶりも良く、年振りて幹に梅の木苔が生え、
その古さがより庭園に奥深さを添えているようです。


また、園内には各処に躑躅が植栽されており、隣接する御船山楽園
に比して規模は小さいとはいへ、花時のあでやかさを彷彿とさせて
くれます。





画像




画像





画像





画像





画像



池泉回遊式庭園で繰り広げられる四季が織りなす庭園美に
何時訪れてもしっかりと、楽しむことができることでしょう。




画像





池畔巡りを終え、美術館での観賞です。

唐・宋・元・明・清時代の、官窯の古陶磁器や翡翠での彫り物を
所蔵する美術館で、美術品として非常に価値の高いものが多数
収蔵されているとのことです。

所蔵されている翡翠の内、「翠玉彫虫活連胡芦瓶」との銘を持つ
精緻な乾隆彫が、世界の三宝の一つに入る貴重な美術品だそう
です。

収蔵品はテーマを決めて特別展として展示されるとのことで残念
なことには上記の銘品は展示されていませんでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2011年04月02日 19:02
落ち着いた梅園ですね。美術館もありひと時を和やかにに過ごせそうです。
古処山
2011年04月03日 16:04
”shuuterさん”
本当に素敵なお庭でした。
今月の下旬から躑躅や石楠花の花が咲き
始めるそうです。
今一度訪れてみたいものです。
2011年04月06日 08:24
気持ち玉をありがとございました

御船山梅園は何度も行ったことがあるのですが
陽光美術館はまだ行ったことがありませんでした
こんな風になってるのですね
とても素敵な庭園と画像を見せて頂きました
これからも宜しくお願いいたします
古処山
2011年04月06日 11:46
”いっしいさん”
コメント・気持ち玉有難うございます。
連れ合いの里が波佐見町で、度々慧洲園の
前を通っていたのですが、縁が無く、今回
が初めての鑑賞でした。
今少し早ければ、盛りの梅花を愛でることが
出来たのでしょうに、些か残念でした。
秋の紅葉時の風情も素晴らしいようで、また
訪れたいと思っています。
今後とも宜しくご指導お願い致します。
2011年04月12日 09:13
初めまして。素敵なブログですね。
私は日本を離れ数カ月、こうやって日本の風景を見せて頂けることを楽しみにしております。次回の更新を心待ちにしています。
古処山
2011年04月13日 10:38
”DONさん”
コメント有難うございます。

意外にも庭園内に茶畑が広がっていた
のには一驚しました。
しかし、じっくりと鑑賞していると
それはそれで、それなりの存在感が
あり、作庭者の深い思いが秘められて
いるものと推察しました。
一見の価値ありの庭園だと思います。

今後ともコメントを戴ければ幸いです。

この記事へのトラックバック

  • VISVIM サンダル

    Excerpt: 御船山を借景の慧洲園 耳納山/ウェブリブログ Weblog: VISVIM サンダル racked: 2013-07-10 05:40