友泉亭公園の秋

友泉亭公園には池泉回遊式の純日本式庭園があります。 友泉亭は、筑前黒田家の六代藩主継高が、江戸時代の中期に別荘として 造成。昭和の初期に貝島家が買収し、建物及び庭園の改築・改修を行い ました。 その後、昭和53年に福岡市が取得し、歴史公園として整備し今日に至って います。 黒田家別荘当時の建物は無く、礎石、沓脱石、鬼瓦の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

大宰府市市民の森の秋を求めて

都府楼遺跡を後にして市民の森を訪れました。 市民の森は春の森と、秋の森とで構成されています。 手前を右手へ進みますと秋の森です。 私はいつものとおり、この道の先で右折して、春の森へ向かいました。 春の森では、先ず、聳え立つメタセコイアの並木がお出迎えです。 今では全身美しく黄葉し、訪ねる人々を魅了し…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

都府楼遺跡の秋

11月29日、久し振りの快晴。 暖かい行楽日和に恵まれ、都府楼遺跡を 訪れてみました。           遺跡正面からの四王寺山です。           山肌が少し色づいてきています。                正殿跡です。     正殿の礎石。    …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

祐徳稲荷神社

祐徳稲荷神社に参拝しました。 祐徳稲荷は、京都の伏見稲荷、茨城県の笠間稲荷とともに、 日本3大稲荷の一つに数えられているそうです。 表参道を経ての参拝者はまばらでしたが、神橋手前の駐車場は 満杯状態で、境内は参拝者が沢山いらっしゃいました。 まず目に付くのが楼門です。その立派…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

東平尾公園を歩く

東平尾公園は福岡空港東側の丘陵地にあります。 平成2年第45回国民体育大会・とびうめ国体が実施されるのをきっかけに 建設・整備された総合運動公園です。 公園には、自然のままの丘陵地に広範囲に自然林や池が残されており、 遊歩道を廻りながら四季折々の景色が楽しめます。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

筑後川の四大井堰

日本の三大暴れ川と恐れられたのは次の三川です。        1.利根川(坂東太郎)    2.筑後川(筑紫次郎)    3.吉野川(吉野三郎)                      筑後川(中流) 古来から氾濫を繰り返してきた筑後川ですが、うち続く旱魃や 水害に見舞われてきた農民の安定した生活…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

平塚川添遺跡を歩く

梅雨の晴れ間をぬって「平塚川添遺跡」を訪れてみました。 ここは、多重環濠集落として知られています。 外堀と、三重に張り巡らされた内環濠により中央集落が守られており、 環濠は七重を数え、その規模の大きさには目を見張るものがあります。 総面積 124.040平方メートル。 現在は「平塚川添遺跡公…
トラックバック:2
コメント:11

続きを読むread more

太宰府天満宮の花菖蒲

6月4日、天満宮の花菖蒲が、そろそろ見頃ではないかと出掛けて みました。 しかし、菖蒲も心得たもので、行きあたりばったりでは、なかなか 最高の美しさは見せてくれません。  今年も些か時期尚早で、ニ、三分咲きというところでしょうか。 全景を写しても、この咲き具合では冴えません。 一本、一本の拾い…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

波佐見町の古い講堂

連れ合いは、旧上波佐見小学校の卒業生です。 昨年、その小学校の講堂が国の有形文化財に指定されており、久し振りに 母校を訪れてみたいと言い出したので、お伴をしてみました。                正門です。 上波佐見小は、その後波佐見町立中央小学校と改称しました。 しかし、平成7年に…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

駕与丁公園のバラ

駕与丁(かよいちょう)公園は、福岡市の隣町の粕屋町にあります。 例年5月ともなれば、公園内のバラ園が赤・白・黄・紫などと、華やかな 彩りに包まれます。 バラ園は、1.300平方メートルと規模は小さいものの…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

手作りの山庭「さんだい」を訪ねて

うきは市浮羽町小塩に佐藤さんというお家があります。 ツツジのお山で有名なお宅です。 前回訪れたのが平成17年。6年前の事でした。 三代に亘り少しずつ増やして来られたとのことでしたが、個人の力 では、広いお庭に適当にツツジが植えてあるのでは、という位の軽い 気持ちで訪ねてみたところ、何と何とその数8.000本。 お家の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

大村公園の桜

往時の石垣を残すのみの玖島城跡ですが、今では緑豊かな 大村公園として、四季の花々が訪れる多くの人々を楽しませて くれています。 ここの菖蒲園は数度鑑賞していますが、桜の季節は今回が 初めてです。 大手門から本丸跡へ向かいました。 ここに大村神社が在ります。 歴代の藩主を祭…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

御船山を借景の慧洲園

3月13日武雄市の御船ヶ丘梅園と慧洲園を訪れました。 梅園は御船山東側の山麓にあり、3000本の白梅が 2月の中旬から3月の上旬にかけて咲き誇ります。         殆どが白梅ですが、ところどころに紅梅が混じることで全体的な         単調さに彩りを添えています。 …
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

大宰府歴史スポーツ公園を歩く

東北関東大震災において、被災された皆様方に心よりお見舞い申し上げます。 病後、3月7日久し振りにちょっと遠出してみました。 歴史スポーツ公園は31号線沿いの、太宰府市吉松にあります。 平日は、公園には野球場(多目的運動広場)、テニスコート、弓道場等があり、 大勢の方が夫々のスポ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

近所の花

長い間ブログを休ませていただき申しわけありませんでした。 昨年11月下旬、風邪を引くと同時に、突然声が嗄れてしまいました。 声嗄れはその内自然に治るだろうと安易に考えていました。 しかし、半月たっても、一向に回復しません。 風邪で通院している内科の先生が、ちょっと気がかりなので、耳鼻咽喉科で …
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

まほろばの小径を歩く -2

太宰府市の案内によると、まほろばの小径を歩くための所要時間は 次のとおりで、総所要時間は1時間20分となっています。 太宰府市で設定されているコースを私は逆に訪ねてみることにしました。 西鉄都府楼駅前=<20>=筑前国分寺跡=<5>=文化ふれあい館 =<5>=坂本公園=<10>=大宰府政庁跡=<10>=武藤資頼・ 資能…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

まほろばの小径を歩く

太宰府市では    「紫匂う筑紫路を、古寺にいにしえを訪ね、野辺に咲く季節の花にやさしさを感じ    ながら、筑前国分寺跡から、大宰府政庁跡・戒壇院・観世音寺・太宰府天満宮    までを巡る小径」 を紹介しています。 日本人の心の中に宿る、まほろばへの尽きない憧れを心にひめて、秋の一時を ゆったりと歩いてみませんか? …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

地元の紅葉

この時季は、北の国の皆さんからの紅葉のブログを 拝見するのが楽しみです。 私の故郷、ここ福岡では、紅葉の盛りはいま暫しです。 しかし、その時季が来ても、平地では、大半のモミジが、 赤く染まる前に,茶褐色で縮れてしまって散り果てて しまいます。       そのなかで、赤く染まるといえば、先ずは櫨でしょうか? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コスモス便り頻り

ここ筑紫路でも秋を告げるコスモス開花の便りが頻りです。 キリンビール福岡工場コスモス園、北野町コスモス街道、 能古島アイランドパーク、海の中道海浜公園、水城、 観世音寺等行ってみたいところが多々ですが、今年は 観世音寺、水城にキリンビールのコスモス園へ出掛けてみました。 観世音寺のコスモスです。(2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四王寺山へ上る

都府楼遺跡(大宰府政庁跡)の北に四王寺山があります。            遺跡から仰いだ四王寺山です。            四王寺山には、大宰府政庁を守るための            山城が築かれていました。            都府楼遺跡で 四王寺山に上り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more