まほろばの小径を歩く

太宰府市では
   「紫匂う筑紫路を、古寺にいにしえを訪ね、野辺に咲く季節の花にやさしさを感じ
   ながら、筑前国分寺跡から、大宰府政庁跡・戒壇院・観世音寺・太宰府天満宮
   までを巡る小径」
を紹介しています。
日本人の心の中に宿る、まほろばへの尽きない憧れを心にひめて、秋の一時を
ゆったりと歩いてみませんか?



画像


              (画像を一部修正しています)





奈良の東大寺を総国分寺とし、全国の国府所在地68ヶ所に
建てられた国分寺の内、建立された筑前国分寺の遺構が
太宰府市国分にあります。

創建当時の筑前国分寺は約192m四方の寺域に金堂・七重塔・
講堂などの建物が配置されていたそうです。

当時の七重塔を復元した1/10の模型が、近くの文化ふれあい館
に建てられています。


画像



現在は、国分寺金堂跡に筑前国分寺本堂が建立されており、
その右手に、七重塔の跡(礎石有り)、裏手に講堂跡が保存
されています。

               七重塔跡

画像


               講堂跡

画像



               文化ふれあい館の擁壁に
               掲げられている写真

             (朱書は私が添付したものです)


画像





筑前国分寺は、8世紀中頃に創建されたと考えられていますが、
11世紀後半に七重塔と講堂が焼失し、金堂は、平安時代末期
には壊滅状態になったと推定されているそうです。
現在の国分寺の創建は、よく分かっていないようで、江戸時代に
金堂跡に草庵が創建され、今日に至ったのではないかと考えら
れているそうです。



               国分寺跡にある龍頭光山国分寺です。



画像




画像




境内に四国八十八ヶ所の御本尊の石仏が安置されています。
掲載されている御真言の意味は、無学の私には解りません。



画像画像




画像画像


















               こじんまりした境内には真っ赤な
               秋が燃えていました。

画像画像
























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年12月13日 07:56
ブログタイトル「まほろばの小径を歩く」、いいですね。

小径の木洩れ陽を昨日掲載しましたところ、きもち玉を頂戴し、ありがとうございました。
古処山
2010年12月27日 15:54
茜雲さん
コメント有難うございました。
ブログを始めて1年弱。初めてコメントを戴き感激しています。
しかし、戴いたコメントへの返信の方法が解らず、お礼が遅くなりました。
今後とも御指導下さいますようお願い致します。

この記事へのトラックバック